ギターの教科書

初心者からでも。独学でギターを勉強している方へ向けた教科書です。

【超便利】Fコードを覚えると難しい名前のコードもたくさん覚えられる!

 

ギターを覚えていこうとする中で、Fコードというものにトライしている人向けの記事です。

押さえ方の解説というよりは、F押さえられるようになると他のコードもほとんど押さえられるようになるよ!だから頑張ってみましょう!といった内容です。

 

f:id:gt335:20180411231511j:plain

 

Fは押さえようとしてもなかなかきれいに鳴らなかったり、指が痛くなってきて

 

「なんでこんな押さえ方なの??????」

 

と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

Fでこんなに難しいのに、コードの種類はたくさんありすぎて終わりが見えなーい!

と思っていませんか?

 

Fコードは確かに難しいですが、一つ押さえることができるとほとんどのコードの種類を覚えられるといっても過言ではありません。

 

これが問題のFコード。クリックで画像とサウンドが開きます。

 

Fコード

 

 

1フレットの人差し指が苦戦しますよね。

 

少しだけコツを紹介すると、人差し指はピンとまっすぐに伸ばすようにしましょう。

関節が曲がった状態で押さえようとすると、どれだけ力を入れても1、2弦がどうしてもきれいな音になりません。

 

このFコードからいろんなコードに派生させていくことができるのでまずはその紹介です。

 

ざっと出してみると F、Fm、Fm7、F7の4つのコードを押さえることができます。

 

基本のFから考えると、中指を外す

とFm。

中指と小指を外すとFm7.

小指だけ外すとF7。

 

というようにこれで4種類のコードを押さえることができます。

 

ギターは同じ形でフレットをずらして違うコードを鳴らすことができるので、

たとえば1フレットずらして2フレットで押さえると、

F#コード

 

このようにF#を基本としたコードを押さえることができます。

 

3フレットだと

 Gコードになります。

 

Gコードというと

この形Gコードを覚えたかと思いますが、役割としてはどちらも同じGの音です。

どちらの形を使って弾いても構いません。

 

Gの次はG#、A、A#、、、

というようにどんどんずらして弾いていけます。

こんな感じで弾いていけるのでFの形を覚えたらほとんどのコードが弾けちゃうということですね。

 

今練習している曲でよくわからないコードなどがあればこの記事を参考にして練習してみてください^^