ギターの教科書

初心者からでも。独学でギターを勉強している方へ向けた教科書です。

【超簡単!】アコギでおしゃれなソロギターっぽいフレーズを弾いてみよう!

f:id:gt335:20200429202241j:plain

弾き語りよりもBGMっぽいのが好き

 

おしゃれな雰囲気のものを弾いてみたい

 

ソロギターを練習してみたことはあるけど挫折した

 

アルペジオが好き

 

アコギでおしゃれなフレーズを覚えたい

 

以上のものに一つでも当てはまった方は是非読み進めて実際に弾いてみてくださいね!

今回はアコギでソロギターっぽい雰囲気のBGMフレーズを弾いてみましょう。

使うコードは3種類でシンプルですが、アレンジもしていけるので少しずつレベルアップして見ていきましょう!

 

 

簡単おしゃれフレーズ

youtu.be

動画では3本指のアルペジオで弾いていますが、ピックを使って弾いてもOKですよ!

1弦をあまり弾いていませんがもちろん弾いても大丈夫です。

3つのコードの形を意識して、なるべく形を崩さないように繋げていきたいですね。

コードについては次で細かく見ていきましょう!

コード一覧

f:id:gt335:20200429192540j:plain

先ほどの動画ではなんとなく難しく聞こえた方もいるかもしれませんが、実際に使っているコードの種類は3つだけです。

Cコードはいつも通りの普通の押さえ方で、DコードとEm7コードが特殊な形になっていますね。

この特殊な押さえ方のDとEm7は本来はこのコードネームではありませんが、話が細かくなりすぎるので今回は割愛してDとEm7の表記にしています。

どの曲でもこの形で使えるわけではありませんが、今回のフレーズに限ってはこの形から見ていきましょう。

もちろん普通のC,D,Em7のコードで弾いてもいいのですが、それだと聴き馴染みのある普通の音になるので、今回はあえて特殊なパターンにしています。

アルペジオに関して

まずは3本指で弾いてみるのがいいかと思います。

親指、人差し指、中指の3本ですね。

実は動画を録ったときは特にパターンを意識していません。

ですが綺麗に鳴らすために最低限2つは意識しておきましょう。

 

綺麗に繋げるために意識すること

  • ベースを鳴らす
  • 余計な弦を鳴らさない

綺麗に鳴らすためにはこの2つからチェックしていきましょう。

ベースというのは各コードの一番低い音ですね。

CコードとDコードは5弦

Em7コードは6弦ですね。

コードが切り替わるタイミングでベースをしっかり入れることでコード進行がより分かりやすくなり曲として成立します。

これは今回のフレーズに限らず意識しておきたいですね^^

 

余計な弦を鳴らさないというのは、例えばEm7の時に5弦を弾いてしまう等ですね。

ここで5弦を鳴らしてしまうと音が気持ち悪くなるので注意しましょう。

コード表を見て✖が書いてある弦はそれぞれ弾かないように注意です!

もっとかっこよくするには

かっこよくするためにはコードやアルペジオのパターンを1パターンだけで弾くのではなく、他のパターンも用意しておくと演奏の幅が広がりますよ!

なるべく引き出しを増やしておいて自由に使えるとレベルアップです^^

 

使うコードを変えてみる

f:id:gt335:20200429195247j:plain

Dコードは先ほどと同じですが、CコードとEm7コードを少し変えています。

Cadd9に関しては普通に弾くときもよく出てくるコードなので覚えておきたいですね。

 

アルペジオパターンを変えてみる

動画では少し忙しめのパターンで弾いていますが、テンポを落として音数を少なくしてみるのも有りです。

それぞれの指で弾く順番を変えてみるだけでも雰囲気が変わって聴こえますよ^^

Cコード2拍、D2拍、Em7コード4拍で弾いているところを、全て倍の長さにして弾いてみるのもいいですね。

 

同じパターンを続けない

コードにしてもアルペジオにしても、それぞれ別のパターンも弾けるようになったら一つのパターンだけでずっと弾く必要はありません。

最初は簡単なパターンで弾いてみて、その後に2種類目のパターンを入れて弾いてみたりすると、同じコード進行を続けていても展開があって曲になりますよ^^

 

最後に

僕はこのようなBGMっぽいフレーズは、手が空いた時に思い付きで色々弾いています。

微妙なフレーズが生まれるときもありますが、いくつも試していると

「これめっちゃいいかも!」

というフレーズが生まれるときもあるので、まずは今回のような簡単目なフレーズからいろんなパターンを試してみるのがおすすめです。

 

それでは!