ギターの教科書

初心者からでも。独学でギターを勉強している方へ向けた教科書です。

綺麗に繋がらない?ギター単音弾きのコツ!

f:id:gt335:20191010011943j:plain

こんにちは!

ギター講師の箕輪です!

 

今回はギターの単音弾きについてコツをお伝えしていこうと思います。

アコースティックギターでもエレキギターでも単音弾きをするときはどちらでも応用が利きますので是非参考にしてみてくださいね^^

 

単音弾きができるとギターソロも弾けるようになりますし、メロディを弾いてみても楽しいですね!

作曲をしてみたいという方はこれでメロディラインも作れるようになるので、ギターを弾いていく場合は必須のスキルです。

 

 

ギターの「単音」弾きってどんなの?

一言で単音弾きと言ってもいくつもの用途があります。

  • コードを主体としたアルペジオ
  • イントロなどに入ってくるギターフレーズ
  • 間奏のギターソロ
  • メロディを弾く

単語で要約すると、「アルペジオ」「フレーズ」「ギターソロ」「メロディ」の4つですね!

このすべてが単音弾きに関係してくるものですので、どれか一つでも興味のある方は弾けるようになりたいですね!

メロディ

メロディに関しては、単純に普段聞いている曲のボーカルのメロディをギターでなぞって弾いてみるというのがとてもいい練習になります!

単音弾きが初めてという方はコチラの記事もおすすめです。

www.gt-kyoukasyo.com

アルペジオ

アルペジオに関してはコード弾きの一種ですが、リードギターがフレーズとして弾いていくこともあります。

コードを押さえた状態で格言を1本ずつ弾いていきますが、

このときにしっかり押さえておかないと綺麗な音が鳴りにくいです。

アルペジオを覚えると演奏の幅が飛躍的に広がりますし、弾いているだけでとても練習になります。

アルペジオが苦手という方はコチラの2つの記事を参考にしてみてください。

www.gt-kyoukasyo.com

www.gt-kyoukasyo.com

ギターソロとフレーズ

ギターソロとフレーズはどう違うの?と質問されることもあるのですが、

いろんなフレーズを細かく組み合わせてつなげて弾いたものが「ギターソロ」、決まったフレーズを細かく繰り返し弾いていくものが「フレーズ」という解釈で大丈夫です。

ギターソロは間奏やアウトロなどで弾いていくことが多いですね^^

フレーズは歌の合間にさりげなく繰り返し弾いていることも多いです。

アドリブを弾けるようになると大きなスキルアップとなります!

完成度は低くてもまずはチャレンジしてみましょう!ギターソロへの第一歩です!

www.gt-kyoukasyo.com

ギター単音弾きのコツ

単音弾きをするにあたっての基本的な注意点ですが、この注意点はコードを押さえる時とほとんど同じです。

  • フレットのギリギリを押さえる
  • 指を立たせる
  • 次の音までしっかり伸ばす(中途半端にしない)
  • 止めるところはしっかり止める(中途半端にしない)
  • 幅広くフレット移動を使う場合は親指をネックの裏に配置する

ここからさらに踏み込んで、もっとかっこよく弾くには、、、

  • 音が伸びるところはしっかりとビブラートをかける
  • ビブラートのリズムにも注意する
  • チョーキングをしながらビブラートをかける
  • ハンマリング、プリング、スライドを使う
  • アンプの音作りだけでなく、ギター本体のボリューム、トーン、スイッチのコントロールにこだわる

更に上を目指すのであれば

  • メロディを主体としたギターソロを作ってみる(アドリブ技術必須)
  • コード弾きの合間にアドリブフレーズを入れてみる
  • アルペジオを弾きながらフレーズやメロディを弾く(ソロギター)

このようにレベルごとに注意点はたくさんあります。

始めたばかりの方は上の方から順に気にしてみてくださいね^^

1段階目がクリアできたら2段階目、3段階目に進んでみましょう!

おすすめの単音弾き基礎練習!

この基礎練習はやったことのある方も多いかと思いますが、

練習前のエクササイズとしても効果的です。

  • 練習しているフレーズがあるが難しくてできない
  • スピードは遅いがなかなか指が動き辛い
  • まずは基礎から固めていきたい

と考えている方は特に毎日の練習に取り入れていきましょう!

基礎練習①

f:id:gt335:20191010010641j:plain

クロマチック練習

クロマチック練習という基礎練習です。

単純な動きですが、気を付けるポイントはたくさんあります。

  1. メトロノームを使う
  2. 確実に綺麗な音を鳴らすことのできるテンポで練習する
  3. それぞれの指をフレットギリギリで押さえる
  4. 指がバタバタしないようになるべく低空飛行で弾いていく
  5. 右手の動きはオルタネイトピッキングで弾く

この5つのポイントを押さえて練習していきましょう!

これができた方は指の順番を変えて弾いてみてもいいですよ^^

基礎練習②

f:id:gt335:20191010010923j:plain

クロマチック練習

それでは!