ギターの教科書

初心者からでも。独学でギターを勉強している方へ向けた教科書です。

【画像解説】バンドスコアで苦戦してる?効率のいい曲の覚え方と練習方法!

こんにちは!ギター講師の箕輪です。

今回は譜面の読み方と覚え方について解説していこうと思います。

f:id:gt335:20181228001331j:plain

バンドスコアは見開きA3サイズ複数枚の譜面が多いかと思うのですが、

あれって細かくは書いてあるけど、通して弾こうとするとどうしてもめくるのがめんどくさくありませんか?

そしてどこからどこに飛んでいるのかも分からなくなるという方が多いと思います。

割と単純な譜面でも、細かいところまで多く書いてあるが故にバンドスコアだとどうしても長くなってしまって何枚にもなってしまうのです。

今回の記事ではよく使う記号などを解説していくので、参考にしてみてください^^

 

 

 

譜面でよく使う記号について

①リピートマーク

②D.S.(ダルセーニョ)

③To Coda.(トゥーコーダ)

 

まず必須と言っていいほどよく出てくる記号がこの3つですが、それぞれルールなどもありますので、1つずつ画像付きで見ていきましょう。

 

①リピートマーク

f:id:gt335:20181227234008p:plain
最初と最後に、二本線に点が二つあるのが分かるでしょうか?

この記号でではさまれている区間はもう一度繰り返しましょうという記号です。

同じことを丸2回繰り返してOKです。

これは1小節を繰り返しという意味になっていますが、よくあるのは4小節を繰り返し、8小節を繰り返し、なんかがよくあるのでもし手元にバンドスコアがある場合はチェックしてみるといいと思います。

たまにとても長い区間を繰り返しの場合もあるので、この記号を見落とさないように注意しましょう。

 

②D.S.(ダルセーニョ)

f:id:gt335:20181227234458p:plain

f:id:gt335:20181227234508p:plain

この記号は2つでペアになっている記号です。

D.S.のところまで弾いたらこのSに%のような記号に「戻る」という記号です。

バンドスコアを見ながら弾いていてどこに飛んだのか見失ってしまう場合はこの記号がどこにあるかチェックしておきましょう。

③To Coda.(トゥーコーダ)

f:id:gt335:20181227234843p:plain

f:id:gt335:20181227234855p:plain

この記号は先ほどのダルセーニョとも似ている記号ですが、

To coda.の文字に来たらターゲットのようなマークに「進む」記号です。

先ほどのダルセーニョは戻る記号でしたが、Tocodaは「進む」記号なので間違えないようにしましょう。

D.S.とTo Coda.については優先順位があり、譜面を見ていて先にTo Coda.が出てきても一度無視します。その後D.S.を使った後にTo Coda.を使用します。

この優先順位はとても大切なので覚えておきましょう^^

 

 

応用の記号

f:id:gt335:20181227235254p:plain

これは最初に解説したリピートマークですが、このように(D.S.time straight)と記載がある場合は、「D.S.で戻ってきた後はリピートしない」という意味です。

D.S.で戻った後にこのような記載がないかチェックしておきましょう。

 

 

f:id:gt335:20181227235231p:plain

「1.、「2.という記号ですが、この場合1は一度通ったら次は2を通りますという記号です。

この譜面の場合の進行は1段目→2段目→1段目→3段目という進行になります。

 

このように、リピートマークとD.S.に関しては他の記号と影響しあうこともあるので要注意です。

 

練習方法と覚え方

譜面で使う記号が分かったところで、あとは効率的な練習方法ですが

バンドスコアを買って早速通してみよう!というのはなかなか無理な話ですね。

僕でも嫌です笑

 

曲の練習の準備としては以下の流れが把握しやすいです。

①曲を聴きながらバンドスコアの進行を追っかけてみる作業をする。

②記号のあるところに赤ペンなどで丸付けして分かりやすくしておく。

③譜面の中でどこがイントロ、Aメロ、Bメロ、サビなのかをチェックする。

 

ある程度曲の構成が分かったら、あとはAメロだけやってみる、イントロのフレーズをやってみる。などポイントポイントで練習していきましょう。

その区間が慣れてきたらイントロとAメロを繋げてみる。

等、徐々につなげて弾ける区間を長くしていき、まずは曲の1番を通して弾けるようにする!という目標を立てると曲の雰囲気も掴みやすくなってきます。

全然覚えていないのに全体を通そうとしても、すべてあやふやなまま練習してしまうことになるので、1つずつしっかり段階を踏んで覚えていくのが大切です。