ギターの教科書

初心者からでも。独学でギターを勉強している方へ向けた教科書です。

【オルタネイトピッキング】練習方法と綺麗に弾くためのコツ!

こんにちは!ギター講師の箕輪です!

f:id:gt335:20181227202249j:plain

今回はオルタネイトピッキングを綺麗に弾くコツなんかを紹介していこうと思います。

ピッキングの種類としてオルタネイトピッキング以外にもエコノミーピッキングというのもあります。

大きく分けてこの2種類ですが、僕は基本オルタネイトが多いので今回はオルタネイトのみの紹介になります。

オルタネイトピッキングに慣れておくと右手のカッティングにも応用が利きますし、何よりリズムの把握がしやすくなり、曲のフレーズやソロをコピーするときに非常に役立ちます。

ここではオルタネイトピッキングの弾き方と練習方法、自分でフレーズを弾いていくときのダウンアップの割り振り方について見ていきましょう!

 

 

 

 

オルタネイトピッキングとは?

単音を弾く時に右手を交互にダウンアップしていくのがオルタネイトです。

オルタネイトピッキングはどのようなものを弾く時にもギターそのものの技術として正確に、万能に弾いていけるようになるので覚えておきたいスキルですね。

これとは別に弦移動の時にダウンダウンと連続したり不規則になるものがエコノミーピッキングです。主に速弾きをするときに使うことが多いイメージです。

 

オルタネイトの練習方法

f:id:gt335:20181227200530p:plain


まずは基本動作です。開放弦でもいいのですが、制御が難しいのであえてフレットを押さえています。

右手のダウンアップが逆にならないように気を付けて弾いていきましょう。

 

f:id:gt335:20181227200543p:plain

少しレベルアップしたフレーズです。

この譜面にある動きはクロマチックトレーニングと言って基礎練習でも使っていけるのでまずはこれを弾いてみましょう。

ゆっくりでいいのでダウンアップを正確に、音は綺麗に出るように弾いていきましょう。

リズムが適当になるとダウンアップもずれやすいので注意が必要です。

 

f:id:gt335:20181227200558p:plain

途中で休符や4分音符などが入ってくるフレーズですね。

この譜面を見て何となく分かるかもしれませんが、()内の記号の部分は右手のピッキングを当てない部分です。当てない部分も弾いていくイメージですね。

当てはしませんが、本来はダウンなりアップなりが入っているところなのでこのようなところに惑わされないように正確に弾いていきましょう。

 

 

ダウンアップの振り分け方

 

練習譜面③のようなパターンの場合少し考えなければなりません。

ここで音符の長さも重要になってくるのですが、

音符の長さがよく分からないという方はコチラの記事も参考にしてみてください。

www.gt-kyoukasyo.com

 

8分音符のフレーズで見ていきましょう。③のフレーズで解説していきます。

f:id:gt335:20181227200639p:plain

4分音符は8分音符2つ分の長さなので、4分を1つ弾く間に右手は1往復しています。これは4分休符の場合も同じ長さです。

8分休符があった場合は、そこにダウンかアップの空白があるつもりで弾いていくとこの譜面のようなダウンアップの割り当てになります。

 

カッティングにも応用できる

f:id:gt335:20181227200707j:plain

これは8ビートのストロークですが、このような動きを小さくして単音で弾いたものがオルタネイトピッキングだと思って大丈夫です。

カッティングか細かいオルタネイトかどちらを優先して練習するかは好みの問題にもなってきますが、この2つはお互いに影響し合えるのでどちらから先に練習してみても大丈夫です。